寄附について

寄附についてのお知らせを掲載いたします。

ご寄附のお願い~アートへの支援が、社会を元気にします。~

2012-01-01

横浜市芸術文化振興財団は、2009年7月1日公益財団法人へ移行し、当財団への寄附は税制上の優遇措置が受けられるようになりました

 

横浜市芸術文化振興財団

| 芸術文化への寄附で、生活を豊かに! |

私たちは、潤いと活力に満ちた生活を市民みずからが創造することができるよう、アートの視点で様々な取り組みを行っています。
いただいたご寄附は、私たちの活動を通じて、様々な場面で活かしてまいります。
芸術文化を通じた社会貢献や、みなさま自身が楽しめるプログラムづくりのために、ぜひご支援をお願いいたします。

[ご寄附の使途]
- 横浜美術館や横浜みなとみらいホールなど施設を指定した寄附
- 子どもの創造性や想像力を育む事業への寄附
- 今後の活躍が期待できるアーティストを支援する事業への寄附
- 当財団全体の事業・運営に活用するための寄附

その他、寄附者様とご相談の上、活用させていただきます。

| ご寄附の概要 |

●ご寄附の額
▽ 法人・団体様は一口100,000円からお願いします。
▽ 個人の方は金額を問いません。

●ご寄附の方法
まず、当財団寄付担当までご相談ください。詳しい手続きについてご説明申し上げます。

▽ 寄附のお申込用紙はこちらからダウンロードもできます。
(PDF形式)
(WORD形式)

●ご寄附くださった方には、ご本人の了解をいただいた上で、
当財団の事業報告書にご芳名を掲載させていただく場合があります。
これまでの寄附者ご芳名一覧

| 税制上の優遇措置について-当財団への寄附は税制の優遇措置が受けられます! - |
寄附をしていただいた方は、次のような税制上の優遇措置が受けられます。

●法人の場合
一般の寄附金とは別に、次のとおりの額を限度に損金算入することができます。
▽ (所得金額×6.25%+資本金等の額×0.375%)×1/2

●個人の場合
次のとおりの額が所得控除の対象となります。
▽ 寄附額-2,000円  (寄附額は所得額の40%相当が限度額)

【例】年間所得が800万円で、100万円寄附した場合(800万円の40%である320万円までが控除限度額)
1,000,000円-2,000円=998,000円(控除額)
800万円から998,000円を引いた額で所得税が計算されますので、所得税が少なくなります。

※法人・個人いずれの場合も、上記の優遇措置を受けるためには確定申告が必要となります。

確定申告の際は、当財団が発行する領収書の提示が必要となります。
※個人の場合は、その他地方税(個人住民税所得割)の控除や、相続税の控除を受けられる場合があります。詳しくは、ご相談ください。

| お問合せ・お申込 - まずはご連絡ください!- |

当財団への寄附について、ご不明な点、ご相談などありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団
〒231-0023 横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル1階
TEL:045-221-0212  FAX:045-221-0216
お問合せはこちら